YOYO:地上に楽園を創造するのが僕の夢だ!そのストーリーはマレーシアから始まる。。。

by genchi_kul
 
クアラルンプール発 タクシー事情
どんもでございます。


先日ふと、子供の頃に見ていたアメリカの
実写版のドラマを思い出したんです。












ただ、そのタイトルが思い出せない。。








キーワードは、


「黒い車」
「車がしゃべる」
「アメリカドラマ」
「主人公はちょっとカーリーヘアー」



です。




早速インターネットで調べてみたんですが、




一発で出てきましたよ。




正解はナイトライダーでした。
(ただ、残念なことに周りの同年代の人々は
ナイトライダーの存在をしらなかった。。。)








いやね、インターネットって改めてすごいなって思って。






俺たちが子供の頃に同じような疑問を持った人は
さぞ自分の記憶力にやきもきしただろうな。




ともあれ、このブログもマレーシア情報を
探すための皆さんにとっての便利なツールになれば幸いです。









で、今日はクアラルンプールでのタクシーのお話を。






特に旅行でこられる方は、滞在中必ずといっていいほどお世話になる

乗り物ですね。




クアラルンプールでは大きく分けて2つの種類のタクシーがあります。





1つはこちら。↓↓↓





d0160392_231076.jpg


市内に一番多く存在するタクシーで、通称「バジェットタクシー」
などと呼ばれてます。
KLのタクシー制度は基本はメーター制なのですが、
残念かなメーターで走るバジェットタクシーはほとんどないのが
現状です。。
ちなみに初乗りはRM3(100円以下ですね)で、200m毎に10センと
激安(ただね、この情報ドライバーから直接聞いたんですが、
彼もあまりわかってない様子でしたね。。。ん~、マレーシア。。)。
このバジェットタクシーに乗るときは、予め料金を交渉して乗りましょう。
英語はまったく問題なしですな。
相場は、たとえばKLセントラルからブキットビンタンのホテル(プリンスホテルとか)までだと、
RM15~20くらいですかね。
ツインタワーからKLタワーの場合はRM10以内でいきたいですね。

といった具合です。





それでは、 賢い乗り方の手順です。



1、 タクシーを止める。とめ方は日本と一緒です。
   ただ、ドライバーは乗せたくない気分のときは素通りしますので、
   めげずにがんばりましょう。ちなみに、車の屋根にはランプがあり、
   空車かどうかわかる設備はありますが、これはまったくあてにならずです。
   こちらの眼力で止めてみましょう。
   止める=眼力 です。


2、 で、とまったら、まずは乗り込まずに、
   「XXXまで!」とドア越しに伝えましょう。
   あ、ドアは勝手には開きませんので、自力でどうぞ。
   ドア=自力
   です。

3、 そこから交渉開始です。
   旅行者の場合ですと、ドライバーは多額の言い値を言ってくる場合があるので、
   「OH EXPENSIVE! THEN, I TAKE ANOTHER TAXI!」
   と強気に出ましょう。そうするとドライバーは安くしてきます。
   そしたら、こちらの希望値を伝えて、おとしどころを見つけましょう。
   あまり繰り返していると、なかなか乗れないこともあるので、
   ある程度妥協することも必要かもしれないですね。
   特に、夕方時は渋滞の影響もあり、割り増しで請求してくる場合があります。
   交渉=強気に、そして妥協も必要
   です。





市内の移動でRM30以上は相場を越えていると思ってよいです。





で、もう一つのタクシーは ↓↓↓



d0160392_23105179.jpg


プレミアータクシーと呼ばれるハイグレードなタクシーです。
全てが青い車体をしているのでブルータクシーなどとも呼ばれます。
これは、エンジンの排気量が2000ccを越える車と決まっていて、
シートも革張りだったりと、すばり、高級です。
なので、料金も当然高いんです。高いだけあってこちらはメーター制。

初乗りはRM6で200m毎に20セン。
これに乗ってブキビンタンからKLセントラル駅まで行くと、
大体RM20~25といったところです。



これって、実はバジェットタクシーとほぼ同じ価格帯なんです。
逆に言うと、バジェットタクシーはこのプレミアタクシーと
同じ料金を取ろうとしている ということなんですよね。


って事はですよ。タクシーのグレードを考えると、
プレミアタクシーに乗ったほうが得ということでしょうな。



ちなみに、プレミアタクシーにはこんなサイズもあります。↓↓↓


d0160392_2312230.jpg






それぞれのタクシーは市内で流して走っていますが、
プレミアタクシーに関しては、ホテル(デラックスホテル)からが
捕まえやすいです。市内散策のスケジュールを立てるときには
デラックスホテルの位置なども把握しておくと便利かも知れませんね。




あと、タクシーに乗るときの注意点をもう1つだけ。



ツインタワーショッピングセンターからの
乗車はなるべくやめましょう。




とても残念なことなのですが、
ここで待つタクシーには悪質なドライバーが多く、
市内の移動でRM600をとられたというお客様もいました。
警察も取締りをしているようですが、
お金の感覚に馴染んでいない旅行者を相手にして
悪い人間がいるのです。
ただ、万が一にもそのような請求をされて、
拒否をしたら危険な目に会いそうだと感じるとき(ドアをロックされる等)には
要求に応じましょう。命あっての物種です。



と、ちょっと最後は大げさに書いてしまったかもしれませんが、
旅行中ちょっとでも嫌な想いをしてもらいたいくないので、
あえて書いてます。



海外旅行では、そこは日本ではないということを忘れず、
治安のよい国でも最低限の軽犯罪予防はしていきたいですね。




次の機会にはその他の乗り物もご案内しまっす!




ではでは




ナオイ







にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
1クリックのご協力をお願いします!







☆☆☆☆☆ 夏まっしぐらキャンペーン ☆☆☆☆☆  ご好評につき延長決定!
7月31日までにご予約のお客様は、
ティッスルポートディクソンを¥7500/泊(朝食つき/部屋指定なし)
でご提供!!
(宿泊期間は8月31日までとなります。)
ご予約は現地INFOから!!↓↓↓emoticon-0139-bow.gif
料金表画面へ
[PR]
by genchi_kul | 2010-07-11 23:56 | せいかつ
<< マレーシア発 え、え、エアアジ... マレーシア発 え、え、エアアジ... >>


<♪お知らせ♪>
*********************
現地infoブログが
移動しました!


現地infoクアラルンプールで最新情報をチェック!
*********************
厳選ホテル予約など↓
現地infoへ
現地infoウェブサイト


【ご紹介】
マレーシア最大のバティック工房。
ジャディバティックセンター

コタキナバルお土産は!
バユアシアナ

馬来西亜彼女in HongKong

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
お気に入りブログ
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
2010プーケット その..
from 馬来西亜彼女 in Hong..
マレーシア情報
from 野口孝則のブログ・・・・タイ..
以前の記事
検索
なおいのつぶやき
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧